ないものは(つくるしか)ない 〜海士町複業協同組合オープンセミナー〜

Description
海士町複業協同組合は、6月30日(水)にオープンセミナーを開催します。
実際に現場で働く職員も登壇するイベントですので、新しい働き方を考えている方や地域に溶け込んで仕事をしてみたい方など、是非この機会にご参加ください。

<本セミナーで得られること>
・海士町複業協同組合のコンセプトである「働き方をデザインする」という価値観について知ることができます。
・実際に”複業”をしている職員の体験を聞くことができます。
・新しい働き方を始めるきっかけに触れることができます。

<海士町複業協同組合について>
海士町複業協同組合は、「地域人口の急減に対処するための特定地域づくり事業の推進に関する法律」を活用するために日本で最初に設立された組合です。
私たちは”複業”を通した人手不足の解消はもちろん、多種多様で自分らしい「働き方をデザインする」という価値観に挑戦しています。
現在、6人の職員が宿泊業や水産加工業、漁業などそれぞれの選んだ事業所で自分らしく働いています。

海士町複業協同組合ホームページ
https://ama.how/


1. 日時  2021年6月30日(水)20:00〜21:00


2. 主催  海士町複業協同組合


3. 形式  オンライン形式 (ZOOMを利用します。)


4. 参加費  無料(要事前申込)


5. 主なプログラム  
※内容・登壇者は予告なく変更になる可能性があります。
   

   20:00〜20:10  オープニング・メッセージ

   20:10〜20:20  「働き方をデザインする」について
   海士町複業協同組合 事務局長 / 太田 章彦

   20:20〜20:45  職員パネルトーク

   海士町複業協同組合 職員 / 山郷 志乃美、大森 玄己 
   ※トークテーマはセミナー中のアンケートで決定します。

   20:45〜20:55  質問タイム

   20:55〜21:00  クロージング・メッセージ
   今後のイベントや説明会についてお知らせします。


6. 参加申し込み及び視聴方法
イベントチケットをお申し込みください。
お申し込み後、イベント視聴ページにて配信URLへのリンク及びお知らせが表示されます。
(申し込みには、Peatixアカウントの作成が必要です。)



7. 参加申し込み受付期間  2021年6月11日(金) 17:00 〜 イベント開始時まで






【登壇者プロフィール】


海士町複業協同組合 事務局長 
太田 章彦(おおた あきひこ)
島根県松江市出身の31歳。海士町複業協同組合の初代事務局長。島の暮らしが8年目に突入しました。ビールと音楽と温泉と写真と執筆が好きで、温泉は島にないので仕方がないが、それ以外はほぼ毎日欠かしません。


海士町複業協同組合 職員
山郷 志乃美(やまごう しのみ)
埼玉県出身。1994年生まれ。Mckinnnon Secondary College卒業。国際基督教大学教養学部アーツサイエンス学科教育学専攻卒業。跡見学園女子大学大学院人文科学研究科臨床心理学専攻修了。現在は、定置網漁の現場で漁師として働いています。


海士町複業協同組合 職員
大森 玄己(おおもり はるき)
兵庫県出身。1993年生まれ。国際教養大学国際教養学部卒業。海運企業で3年半主に人事担当として勤務した後、現在は(株)ふるさと海士の水産加工工場である「CAS凍結センター」で働いています。


海士町複業協同組合 事務局インターン
手嶋 美咲(てしま みさき)
大分県出身。2000年生まれ。福岡県の大学4年生。2021年4月から海士町のインターンシップ制度「島体験」を利用して、海士町複業協同組合の事務局でインターンをしています。大学では主に、観光を学んでいます。










[PR] Recommended information